20160126読売新聞朝刊

読売新聞に「浅草広報が指南本」という記事で紹介いただきました。

2016年1月26日


2016年1月26日の読売新聞 都内版に「浅草広報が指南本」と書籍の紹介記事を掲載いただきました。
「浅草を広報してわかったインバウンドマーケティングに足りないこと」

20160126読売新聞朝刊

2008年に前職で中国上海に赴任したときに現地の方の日本へのあこがれを感じたことがインバウンドに興味をもった最初でした。

最初は日本各地から来られる観光の方に正確な情報を伝えたいと始めた浅草観光連盟ホームページでのイベントの公式情報。

中国での生活の中で知り合った中国語教育ソフトのWEIC社に協力してもらい中国語でも浅草のイベント情報を掲載しました。

当時でも英語で浅草を紹介するガイドブックなどはたくさんあったことから英語ページを作るところまでしなかったことを思い出しました。

アベノミックスにより円安になったことがきっかけで海外からの観光の方がびっくりするほど増えました。

また国内でも2020年の東京オリンピックに向けて様々な地域で観光客の呼び込む施策を模索中のようです。

そんな方々に是非読んでいただきたい一冊です。

日本には各地に観光資産が山のようにあると思います。地元の人が気がつかないことも多いと思います。

そんな方々と集まって議論して日本のインバウンド需要をもっともっと大きくしていくお手伝いをしたいと考えています。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyo23/news/20160126-OYTNT50014.html

20160126YOMIURI ONLINEcover_asakusa_rough_ver4

 

書籍はこちらからお買い求めいただけます。

書籍はこちらから