12833465_1070838466309095_742570694_n

Press Release

店舗の訪日観光のお客様獲得に向け 話題のPepperによる集客実証実験を浅草雷門で

2016年3月17日


Press Release

2016年3月17日

————————————————————————————————-

店舗の訪日観光のお客様獲得に向け

話題のPepperによる集客実証実験を浅草雷門で

————————————————————————————————-

~3月22日より3月28日まで雷門脇の常盤堂雷おこし本舗店頭で実施~

 

(株)Ewil Japanと浅草観光連盟(会長:冨士滋美)は、海外からの訪日観光客が四人に一人の割合で訪れる浅草において、ドラッグストアーや免税大型店舗だけでなく、御菓子や伝統品を扱う商店や飲食店にもっと足を運んでいただき、お土産の購入や、入店して浅草の味を堪能する訪日観光客を増やすために、パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」による「呼び込み」の実証実験を行います。今回店頭による実証実験を行っていただくお店は、雷門のすぐ横にある常盤堂雷おこし本舗です。

 

浅草には毎日多数の訪日観光客の方が多数訪れます。しかしその方たちは浅草寺のそれぞれの伽藍の前で写真を撮るか、食べ歩き商品を買ってその場で食する方が多いことがわかりました。より多くの浅草を訪れる海外のみなさんに、浅草の美味しい物を食べていただくこと、伝統の御菓子や和物のお土産をお持ち帰りいただくことができないか検討しておりました。

今回Pepperは、英語、中国語、日本語でお客様を呼び込みます。はっぴ姿の目立つ存在でお客様の視線を引き寄せることができるのではないかと思います。Pepperは呼び込みの他、ゲームや、ツーショット写真を促すなど、お客様とのコミュニケーションをとっていきます。

このPepperによるインバウンド集客の実証実験は、facebook,twitter,Instagram,Weiboによるお客様の写真投稿数をカウントすることにしています。実際の来店客数に加えてお店の認知度向上にどれだけ寄与できるかを計測いたします。

 

今回、特別会員である常盤堂雷おこし本舗様に協力をいただき実証実験が実現しました。

常盤堂雷おこし本舗様の本店は雷門の横にあり歌舞伎見物などをする世代には絶大な人気がありますが、雷門を抜ける海外からの訪日観光客の方々の認知は高いとは言えませんでした。今回Ewil Japanの提案により、知名度が高く集客効果が高いとされるPepperが、海外からの観光客や若者にどれほどの人気となるか実証実験を行うこととしました。今後も協力いただける特別会員において実証実験を重ねていきたいと思います。

この実証実験が成功した場合、インバウンド集客の一つの手法として継続利用いただくことを考えております。さらにご興味をもっていただく店舗が増えることを期待しております。

このPepperによる集客については株式会社エス・ジーより相談を受け、浅草観光連盟を通じて常盤堂雷おこし本舗様と詳細をつめて実施できることになりました。

 

 

【実証実験詳細】

■老舗和菓子店でPepperが接客

常盤堂雷おこし本舗(代表取締役: 穂刈 久米一)は、伝統に安住することなく時代の変化を的確に捉えた商品開発やサービスを常に心掛けており、今回、Pepperを活用した新たな顧客体験を提供することで、国内外から訪れる多くの観光客の浅草の思い出の1つになればと考えています。

 

■日本語・英語・中国語でのコミュニケーション

「常盤堂雷おこし本舗 for Pepper」は、Pepperが話す言葉とディスプレイ上の表示を日本語と英語と中国語から選ぶことができ、外国人観光客とのコミュニケーションも深まります。

 

■おみくじ体験で雷おこしプレゼント

お客さまには、日本式のおみくじを体験していただき、東京を代表する銘菓である「雷おこし」をプレゼントします。

 

■SNSハッシュタグ

お客さまには、Pepperと一緒に写真を撮っていただきます。写真を撮っていただいたお客さまには、ハッシュタグ「#luckysnack」が記載されたハウスカードをお渡しして、SNSへの投稿を促します。

 

※「Pepper(ペッパー)」はソフトバンクロボティクス株式会社が開発・提供するパーソナルロボットです。

※「常盤堂雷おこし本舗 for Pepper」は、Pepperを活用し、エス・ジーが独自開発したアプリケーションです。

 

【実施詳細】

日時: 平成28年3月22日(火)~28日(月)  午前11時~午後4時

場所: 浅草雷門脇の常盤堂雷おこし本舗 店頭

 

【お問い合わせ先】

Ewil Japan 担当

飯島邦夫

Mail:iijima@ewil.jp

WEB http://ewil.jp/

 

記載した内容は2016年3月14日現在のものです。

12443710_1070841909642084_1480480617_o 12517151_1070841742975434_759494663_o 12674699_1070842446308697_1158513485_o