IMG_5513

地方創生

熊本地震で被災した阿蘇神社へ伺いました。

2016年5月26日


5月22日に浅草神社禰宜に同行し、阿蘇神社を訪問しました。

飛行機は熊本市の上空から飛行場に入るので屋根にブルーシートの家が多いのがよくわかりました。

IMG_5369
前夜に熊本空港に到着し、熊本市内繁華街を歩きました。
繁華街は被害があるものの鉄筋の建物が多いせいか、ほとんどのお店が営業していました。
IMG_5380

若者がたくさん街にでていてびっくりでした。
TVの報道では、避難所が中心なので普通に生活する人のことは行ってみてはじめてわかりました。
IMG_5423
市内で食事をしましたが、店主のご自宅は被害がひどく家には入れないという話など伺いました。
それでも美味しいお料理を元気に提供している姿に感動しました。
食材は豊富にある地域だけあってどれも美味しくいただきました。
IMG_5383
市内から阿蘇に向かう途中にある本瓦の木造の家に被害が集中していて、ブルーシートを屋根にかけた家が目立ちました。
産山村で一泊して、素晴らしい景色の扇田、阿蘇の大自然を堪能し阿蘇神社にむかいました。
IMG_5446

IMG_5447

IMG_5492
阿蘇神社の駐車場に車を置いていきなり目に入ったのが桜門がぺしゃんこにつぶれた姿。
さらに囲いの隙間からその中に見える拝殿も同様にぺしゃんこにつぶれた姿でした。
IMG_5512

IMG_5513
社務所へ伺い浅草神社の三社祭で集めた義援金をお持ちした旨をお伝えいたしました。
神職の方がヘルメットをご用意してくれて囲いの中のつぶれた建物のすぐ前で当日のお話を聞かせていただきました。
最初の地震ではまったく被害がなくほっとしていたところに二回目の地震での倒壊だったそうです。

IMG_5552
しかし地震が夜中だったことが不幸中の幸いということで一人の犠牲者もなかったそうです。
神社付近での被害はあるものの少なかったのは「阿蘇神社さんが身代わりになって守ってくれたのでは」といわれているそうです。IMG_5539

拝殿の奥にある普段人が入らない三つある神殿もつぶれては居ませんでしたが大きな被害になっていました。
阿蘇神社の桜門と三つの神殿は重要文化財ということで国の負担もあるそうですが、その他施設は自費再建になるそうです。
10年20億とも試算される再建をどのように進めればよいのか、途方に暮れそうな現状でもしっかりとしておられました。

IMG_5429

訪問させていただいたメンバー全員で正式参拝させていただきました。特別なお計らいで、神殿前で玉串奉奠してお参りさせていただきました。
浅草神社の禰宜より阿蘇宮司に義援金をお渡しさせていただき、浅草の思いをしっかりお伝えするとともに今後も引き続きの支援を約束してまいりました。

IMG_5597