ガソリンスタンドに併設のマック

Dubaiセミナー

ドバイ(Dubai)の出前ビジネスがブレイクする予感

2015年2月6日


Dubaiの回転寿司

Dubaiの回転寿司

昨年からDubaiでのビジネスを調べてきました。

前職でレストランや食材の販売をした経験から食については関心がたかかったので特に踏み込んで調べてみました。

先進国ではどの国へ行っても日本食レストランがありそれなりのクオリティで食べることができます。

しかしこのDubaiでは一部の高級和食店を除いては、韓国人や中国人が日本食を見よう見まねで提供しています。

もちろんそういうお店なのでクオリティも低く日本食とはほど遠いものになっています。

ファーストフード店はほとんどがガソリンスタンドに併設されています。

日本ではおなじみのドライブスルーよりこの形式がスタンダードのようです。

真夏には気温が50度になるDubaiでは、外をあるくことが不可能です。

冬の時期は30度程度なので快適ですが、それも短い期間であり外出するのは夜が中心です。

車で外出したときにガソリンを入れてファーストフードを買うスタイルが暑さをさける意味からも定番のようです。

注目するのは写真の赤い車です。マクドナルドのロゴがあります。

店内の販売カウンターよりも多い注文の商品をまとめている作業場がありそこからこの赤い車に積み込んで配達していました。

日本でも配達サービスがあるお店もありますが、大量の注文以外は利用することも少ないと思います。

ガソリンスタンドに併設のマック

ガソリンスタンドに併設のマック

またDubaiに暮らす人は元々のDubai人、富裕層の外国人、そして外国人労働者です。

財閥系の家では一夫多妻制でもあり家族が多いです。そこにメイドもたくさんいることから一回の食事の量も100人分だったりするのです。

メイドが料理してだすこともありますが、美味しい料理やスイーツを出前してもらうことも多いとのことです。

そしてその一回の量も半端でないということになるのです。

また外国人富裕層が住む高層マンションや人工島のマンションなどの近くには食料品を扱う店も少ないことから外出しての食事が多いようです。

ドバイマリーナの高層ビル

ドバイマリーナの高層ビル

2020年の万博開催に向けてさらに砂漠を開発しています。

砂漠の中にビバリーヒルズを作るプロジェクトが進んでいるのにびっくりしました。

それだけ外国人富裕層のニーズが高いことがわかります。

このような豪邸でもパーティーが日々開かれることを想像すると美味しい料理の出前ビジネスの可能性を大いに感じます。

日本のホテルビュッフェでみかけるお寿司や天ぷら、おそばの屋台サービスも出張で届けられれば大ヒット間違いなしかもしれません。

砂漠の真ん中に建設中の街

砂漠の真ん中に建設中の街

そんなDubaiの出前ビジネスの可能性についての勉強会を開催します。

===============================

平成27年度 分野別海外進出勉強会

テーマ
日本の食ビジネスをDubai
~注目する出前ビジネス~
出前のニーズ、スキームおよび展開手法

Dubaiの財閥家では、親戚やお友達を集めたホームパーティーがかなりの頻度で開催されています。
参加される人数も多くたくさんの料理を振る舞うようです。
日本のおいしい「和食」や「スイーツ」は人気が高いです。
これをビジネスチャンスととらえての進出について勉強します。

主催
(財)日本企業構造改革機構 (株)イーウィルジャパン
日時
3
12日(木)
 18:30        受付開始
 19:00~20:30  分科会 
 20:30~21:30  懇談会
会場
セミナールーム「アクセス日本橋」
東京都中央区日本橋室町1-5-3福島ビル6階東京メトロ半蔵門線・銀座線徒歩1分・日本橋三越正面
会費
5,000

※混雑が予想されます。
正式登録は、こちらからになります。
http://kokucheese.com/event/index/269549/