浅草ソーシャルおじさん直伝⑧ ”地域にお客さんを 呼び込もう!” 近代セールス2018…

地域の最新情報を多言語で発信して認知度を高める

第8回多言語とアプリによる情報発信

雷門のすぐ左手にある常盤堂雷おこし本舗は、日本人なら知らない人は少ない。しかし、海外から来た人はそれをほとんど知らない。試食がたくさん並んでいても店に近寄りもしない。このような状況もあり、筆者は店主から「海外の人たちに売る方法はないか」と相談を受けて、お手伝いした。

浅草の店舗情報を多言語に翻訳
スマホアプリを利用して独自の観光コースを作成

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

Today’sCEO

  1. 本日の東京新聞で多言語観光情報サイトと連動アプリ「365ASAKUSA」紹介記事を載せて…

    本日の東京新聞で多言語観光情報サイトと連動アプリ「365ASAKUSA」紹介記事を載せていただきまし…

動画

  1. 「ボヘミアン・ラプソディ」の野外上映の盛り上がりの臨場感をFacebookの動画で伝え…

    びっくりする反響で、次回の開催を期待するコメントもいただきました。 写真を使って行った事前告知…

ソリューション

  1. あなたのWEBサイトが検索エンジンに評価されるためには、検索を行った人がその検索を終えて必要…
  2. ホテル旅館の独自WEBサイトで予約を増やすソリューション 秘訣はガイドブックにない周辺情報を毎日投…
  3. ・フェイスブック フェイスブックページは投稿が簡単である。投稿はよほど興味を引くもので…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連リンク

ページ上部へ戻る